トップページ > 部屋探しの基礎知識 >  敷金トラブル予防法

敷金トラブル予防法

敷金トラブルは、マスコミにも取り上げられるようになり、件数は減ってきていますが安心はできません。

自分で知識を身につけて、後々後悔しないようにしましょう。

ここでは入居前、入居中、退去時と時系列ごとに敷金トラブル回避方法をあげていきます。

入居前

◎入居前のチェックは立会いが基本!
部屋を借りる、契約する前に大切なのが、大家さんもしくは不動産屋さん立会いの下での下見をすることです。

その場で床や壁のキズ、汚れなどを確認しておきましょう。

同様に、設備の不具合なども試運転させてみるなりしてチェックしましょう。

◎契約書は隅々まで目を通すこと!
部屋を借りる時には、不動産屋さんから重要事項説明書についての説明を受けると思います。

その内容に合意して、署名捺印をすると契約成立となりますが、きちんと目を通らずに契約してしまう人も少なくないです。

署名捺印をしてしまったら、その内容に合意したとみなされてしまいます。

このページのトップへ↑

入居中

◎住んでいる間の清掃管理は借主の義務である!
部屋の通常使用に伴って起こる自然消耗は大家さんの負担となります。

しかし、日常的な整理、清掃を怠ってはいけません。

敷金トラブルには借主側に責任がふりかかってくる場合もあります。

◎常設設備の故障はすぐに連絡をしよう!
ガス給油器やエアコンなど、設備として入居前から備わっている機器類の故障については、通常使用の範囲内であれば大家さんの負担となります。

自分で勝手に修理等を頼まずに、大家さんや不動産屋さんにまず相談しましょう。

このページのトップへ↑

退去時

◎退去時にも立会いチェック!
入居する時と同じように、部屋を出ていく際にも大家さん、不動産屋さん立会いの下で点検するようにしましょう。

この時に、入居時の立会いチェックがあるとトラブルにならずスムーズに事が進みます。

しかし、どうしても立ち会えずに明け渡さなければならない場合は、退去直前の部屋の写真を撮っておくことをお勧めします。

◎精算が終わるまでは気を抜かない!
修繕箇所や修繕費用の確認は必須事項です。

しっかりと見積書や請求書を確認するようにしましょう。

そして、精算が終わるまでは気を抜いてはいけません。

なぜなら、返還金額が確定したのに一向に振り込まれない場合や、実は修繕費が足りなかった・・・などと追加で請求されることもありえるからです。

このページのトップへ↑