トップページ > 部屋探しの基礎知識 >  申込みの流れ

申込みの流れ

じっくりと納得いくまで下見をして、住みたい部屋が決まったら申し込みをします。

申し込み後、大家さんなどによる審査がおりればいよいよ賃貸契約です。

ここでは、申し込みの流れとポイントについて説明します。

申し込みをしよう!

住みたい部屋が決まったら、不動産屋さんへ入居の申し込みを行いましょう。

入居申し込み書には、住所、氏名、勤務先、月収(未成年や学生の場合は保護者のもの)などを記入する必要があります。

このページのトップへ↑

申し込み金について

申し込みをする際に、1万円程度の申し込み金が必要になってくる場合があります。

その場合、預かり証を受け取るのを忘れないようにしましょう。

契約成立した場合は、契約金の一部となりますが、契約を破棄した場合は返金されます。

このページのトップへ↑

契約に必要なもの

申し込みを行い、審査が通れば契約となります。

契約に必要なものは、住民票、保証人、保証人の印鑑証明書、在職証明書(学生は学生証)、源泉徴収票、印鑑、契約費用などです。

このページのトップへ↑

契約書のチェックポイント

禁止事項、特約事項にはくまなく目を通しましょう。

ペット不可、楽器演奏不可、石油ストーブ不可といった、そこでは禁止されているものがあるかもしれません。

近所の方とのトラブルの原因になったり、契約違反とみなされ即刻退去させられることもあります。

そのほかにも解約の申し入れや敷金返還の条件なども確認しておきましょう。

このページのトップへ↑