トップページ > 部屋探しの基礎知識 >  町の下見

町の下見

条件に合う部屋が見つかったら、部屋だけでなく、必ず住む町の下見に行きましょう。

町の雰囲気や、駅までの距離、スーパーの場所など周辺の環境も自分の足で歩いて細かくチェックしましょう。

また、昼だけではなく、通勤時間や夜にも下見にいくことをオススメします。

町の雰囲気について

下見にきてみて、町の雰囲気が自分に合っているか判断しましょう。

時間帯を変えて何度か足を運び、治安の問題、快適な生活が送れそうかも確認しましょう。

上京してこれから長い間住む場所となるので、慎重に決めないといけません。

散歩がてらに周辺を歩いてみるのもいいでしょう。

このページのトップへ↑

買い物ができるお店があると便利

物件から歩いていける距離に、遅くまで営業しているスーパー等があるかも確認しましょう。

コンビニも24時間営業なので、住む場所の近くにあると、何か足りなくなった時すぐに買いにいけて便利です。

活気のある商店街が近くにあると、上京後も楽しめるのでオススメです。

このページのトップへ↑

生活に必要な施設も確認しよう

銀行や病院、市役所や郵便局といった、生活に必要な施設の場所も把握しておきましょう。

これらの施設が、自転車~自動車などですぐに着く距離にあると良いです。

このページのトップへ↑

周辺全般の下見をしよう

沿線沿いや幹線道路の近くの物件だと、騒音がうるさい可能性が出てきます。

工場やゴミ置き場などの、臭いのもとになりそうなものが近くにないかも確認しておきましょう。

防犯のためにも夜もチェックしておく必要があります。

夜道は暗くないかとか、雰囲気の悪い通りではないかとか・・・防犯面もしっかりと確認が必要です。

そして、実際に部屋から駅までどれくらいかかるのか、通勤時間帯の駅の混雑具合といった、生活したつもりになって確認すべき点もあります。

このページのトップへ↑