トップページ > 部屋探しの基礎知識 >  物件情報の見方

物件情報の見方

物件情報の中には、部屋に関する様々な情報が盛り込まれています。

普段では聞きなれない単語、略語なども出てくるので、しっかりとその意味を把握しておく必要があります。

これを知っていれば、より良い物件を見つけるのに役立つはずです。

間取り

物件情報の見取り図などでよく見る数字やアルファベットの意味を説明します。

数字・・・キッチン、ダイニング、リビングを除いた部屋の数
K・・・キッチン
D・・・ダイニングルーム
L・・・リビングルーム
S・・・納戸等のサービスルーム
W・・・ウォークインクローゼット

このページのトップへ↑

部屋の構造

W・・・木造
RC・・・鉄筋コンクリート造
SRC・・・鉄骨鉄筋コンクリート造
PC・・・プレキャストコンクリート造
S・・・鉄骨・軽量鉄骨造

このページのトップへ↑

物件種別

マンション・・・鉄筋コンクリートや鉄骨鉄筋コンクリート造などの住宅
アパート・・・木造や軽量鉄骨造の共同住宅
テラスハウス・・・連棟式の共同住宅。専用庭がついていることも有り
一戸建て・・・一戸建ての住宅

このページのトップへ↑

専用面積

マンションやアパートの場合、バルコニーや専用の庭を除いた床面積のことを指します。

このページのトップへ↑

損害保険

契約に際して、損害保険に加入する場合の保険有効期間と金額のことを指します。

このページのトップへ↑

賃貸借契約期間

物件の契約期間のこと。

定期建物賃貸借契約の場合は、更新ができない場合もあります。

このページのトップへ↑

設備

B・T独立・・・バス・トイレが別室の物件
洗濯機置き場・・・洗濯機置き場の有る物件
給油・・・給油設備が備え付けてある物件
CS・・・衛星放送(CS)端子有りの物件
駐車場近隣・・・近所に賃貸駐車場の空きがある物件

このページのトップへ↑

情報公開日

物件情報が公開された日にちを指します。

日にちが古い場合は、既に契約済みの可能性がありますので、しっかりと確認をとりましょう。

また、かなり公開されてから経っているのに、まだ空いていれば入居者が見つからない「理由有り」の物件の可能性があります。

このページのトップへ↑