トップページ > 上京までの流れ >  荷造り

荷造り

荷物にはそれぞれ適した梱包の仕方、扱い方があります。

破損を防止したり、効率よく詰め込めるよう、コツを覚えておくと便利です。

ここでは、最適な荷造りの方法について説明していきます。

パソコンは購入時の箱に入れよう!

パソコンのような精密機器は、購入した時の箱に詰めるのが一番です。

一応、パソコンデータのバックアップは取っておくことをお勧めします。

コードと差込口にテープ等で合番をふっておけば、入居後の配線で迷わずに便利です。

このページのトップへ↑

冷蔵庫は必ず霜取りを!

冷蔵庫は前日までにスイッチを切って霜取りをしておきましょう。

これを怠ると、荷物が水浸しになったり、故障の原因につながります。

搬入後は1時間以上してからコンセントを入れるようにしましょう。

このページのトップへ↑

洋服はハンガーのままで!

ハンガーにかけてある洋服はそのまま箱詰めしましょう。

その方が、作業が楽になるだけではなくシワにもなりにくいです。

また、ハンガーかけ用の運搬ボックスを用意している業者も多いので、そちらを利用するのもいいです。

このページのトップへ↑

引き出しはテープで固定!

あまり大きくない引き出し類は、中身を入れたままの状態でも運ぶことができます。

引き出しが飛び出さないようにテープでしっかりと固定しておきましょう。

このページのトップへ↑

本、雑誌類はヒモで縛っておこう!

ダンボールを少なくするためにも、本、雑誌類は箱詰めせずにできるだけヒモでまとめましょう。

他の荷物の箱のすき間埋めやクッションの代わりにもなって便利です。

このページのトップへ↑

食器類はしっかり梱包しよう!

壊れやすい食器類は、新聞紙やエアキャップを使ってしっかり梱包しましょう。

箱の底やすき間にもクッション代わりの新聞紙を詰めるようにしましょう。

このページのトップへ↑