トップページ > 上京までの流れ >  上京前の手続き

上京前の手続き

東京へ上京する前に必要な手続きを紹介します。

最近では、電話やインターネットで済ませられるものもあります。

上京前に済ませておかないと、新居に移ってからガスが通ってない、水、電気がない状態で数日過ごすことになりかねません。

住民票の移動

市区町村役場へ転出届を提出して、転出証明書をもらいましょう。

転出の14日前から受付が可能となっています。

同じ市区町村での引っ越しであれば、転居届けを提出するだけで、転出届・転入届はいりません。

このページのトップへ↑

郵便局に転居届を提出

郵便局に置いてある、転居届を記入して提出しましょう。

その後1年間は、転居前の住所に届いてしまった郵便物を、転居後の住所へ転送してくれます。

このページのトップへ↑

電話の新設

NTTに電話を申し込む場合、まず「116」に電話をします。

約4万円程度の初期費用がかかりますが、月々の使用量が割高になる分、初期費用がかからないプランなどもあります。

そのほかにも、NTT以外の電話サービスを条件次第では検討してみるのもいいでしょう。

このページのトップへ↑

電気会社・水道局に連絡

すぐに使えることがほとんどですが、管轄の営業所へ事前に連絡をしましょう。

事前に申し込みをしなかった場合は、転居先にある「使用開始申込み書」に必要事項を記入して、投函することを忘れずに。

電気・水道は生活には欠かせないものなので、余裕を持って申し込みをしておくほうが安心です。

このページのトップへ↑

ガス会社に連絡

電話やインターネットで使用開始日の連絡をします。

使用開始日には立会い作業が必要になってきますので、上京の当日からガスが使えるように、早めのアポイントメントを取っておきましょう。

ガスは、電気・水道と同じように生活に必ず必要になってくるので、しっかりと申請をしておきましょう。

このページのトップへ↑

転居先の掃除

気持ちよく生活をスタートさせるためにも、荷物を運び込む前に床の拭き掃除などの清掃はしておきましょう。

害虫対策のために、くん煙剤を使用して虫を退治しておくのもお勧めです。

入居してからでは出来ないこと、やりにくいことを事前にやっておきましょう。

このページのトップへ↑