トップページ > 部屋探しの基礎知識 >  必要な資金

必要な資金

部屋を契約するためには、敷金・礼金などで、まとまった額のお金がかかります。

必要なお金の目安を考えて、しっかりと貯めておくことが大切です。

ここでは、一般的に部屋を契約するまでにかかる費用の内訳について説明していきます。

敷金

敷金は家賃の1~3ヶ月が相場と言われています。

敷金とは、部屋を退去する時の清掃費や修繕費にあてられたり、家賃を滞納した時等にも使われます。

退去時の精算後には、残った分が返金されます。

このページのトップへ↑

礼金

礼金も敷金と同じで、家賃の1~3ヶ月が相場とされてきましたが、最近では礼金無しの物件も増えてきました。

礼金とは、大家さんや管理人に対するお礼金のことを指します。

お礼なので、敷金とは違い退去時の返金はされません。

このページのトップへ↑

家賃

家賃は通常では、翌月分を支払うシステムなので、入居した月の翌月分の家賃を払うことになります。

家賃とは別に、管理費というものがかかる物件もあります。

管理費といっても、アパートなら1000~3000円程度の物件がほとんどですが、学生さんにとってはバカにならない金額なってくるので、部屋を選ぶ時には注意しましょう。

このページのトップへ↑

管理費

管理費とは、階段や外壁などの共用部分の修理や管理をするための費用をさします。

通常では家賃と一緒に毎月支払いますが、あらかじめ家賃に含まれている場合もあります。

契約の際には、家賃の内訳を確認しましょう。

このページのトップへ↑

前家賃

入居する月の家賃を差し、月の途中から入居する場合は日割り計算で支払い金額が決まります。

家賃1ヶ月分÷30日(31日)×入居する日数が計算式です。

これを計算して入居する日取りを決めるのもいいでしょう。

このページのトップへ↑

仲介手数料

不動産屋さんなど、大家さんとの契約の仲介をしてくれる業者に支払う手数料のことです。

基本的に家賃の1ヶ月が相場ですが、近頃では安い賃金でおこなってくれる業者も増えてきています。

大家さんと直接契約をすることで、仲介手数料は不要となりますが、仲介業者を介したほうが契約はスムーズに運ぶことは確実なので、なるべく不動産業者を通して契約するようにしましょう。

このページのトップへ↑

部屋の契約にかかる総額は家賃の6ヶ月分が目安

家賃、敷金礼金、仲介手数料など、部屋の契約時にかかるお金の総額は、家賃の6ヶ月分が目安とされています。

そして、これとは別に生活用品の購入や引っ越しの費用なども必要になってきます。

総額の明細書を書き出すことで、引っ越しから契約までにいくらかかるのかを把握しやすくなりますので、一度見積もりを出して書き留めてみましょう。

このページのトップへ↑